2018年12月31日

今年最後の 軽トラの窓から パチリ

  ほんの少しの 用事でしたが出かけて 途中で海の色が何色にも見えて 綺麗でと写しました


P1010513_256.jpg

  光る海面 そばには本当の紺 島の影か 雲の影かほぼ黒の海

自然の 光による コントラスト 素敵です もう二度と 今日の一日は帰ってきませんが

 とても良い写真撮れたと 満足の日でした

posted by スウチャン at 19:28| 日記

2018年12月30日

本年最後の配達 列車写しました

   滅多に見たことのない 山陽本線 赤でなく黄色でなく ほぼシルバー パチリ

細い道の上り坂に 踏切があり 駅のそばで ゆっくり走る 写せる こんなでした


IMG_1896_256.jpg

IMG_1895_256.jpg

  駅のない町ですから 結構電車に 興味がありまして 列車の名前はレッドウイング でした

おかげさまで 本年最後の仕事 無事済みました 一年間沢山の方々 どうもありがとうございました

posted by スウチャン at 19:12| 日記

2018年12月29日

気持ちの良い朝でした

  早起きして 外へ 凜とした空気 身の引き締まる寒さ 空にはお月様 パチリ


IMG_1891_256.jpg

 半分くらいの大きさの月ですが 写すと満月みたいに 空気も澄んで 月の周りも輝いていました

出かける準備をして 仕事に出発 太陽さん綺麗で パチリ

IMG_1892_256.jpg

 気持ちの良い 清々しい朝の 一コマ オジサン的にはナイスショット です

(使い方間違ってるかな?)
posted by スウチャン at 20:17| 日記

2018年12月28日

小雪舞う中 納めさせて頂きました

  平生町では 朝のうちは 晴天でまさか 雪がちらつくとは想像しませんでした

ところが 旧熊毛町に着いたら 白いものがちらつき出しました どうにか写せないかと頑張った結果

朝日に照らされて 舞い散る白いフワフワ舞うもの 最初はススキの 白い綿が飛んでるのかなと思いましたが 少し違ってました

オジサン的には 平生町では 年に何回もない 雪との遭遇です いっぱいシャッターを押した中の結果です

P1010550_256.jpg

 ゆき 見えると大変 幸せます この後現場に行き 畳コーナーに敷き込み かっこ良かったので パチリ

IMG_1902_256.jpg

  玄関の横のスペース 商売をしておられるみたいで ご主人さんの 経営戦略を考える場所かと

思わず 自分が座ってるイメージを浮かべてしまいました 今回は天然い草の縁なしです

posted by スウチャン at 20:26| 日記

2018年12月27日

UFO 見たような気がしました

  夕方西の空を見上げると 橙色に光るもの 発見

2つの建物の屋根の上 見えますかね 一生懸命写してみました


P1010543_256.jpg

  もう一枚は 写真のほぼ真ん中あたり

P1010547_256.jpg

 おそらく 飛行機が夕日を浴びて 飛んでいるんだと思います

しかし 橙色の光が二本に見えたりしました 写した状況を説明しないと

たぶん UFOの写真に なるのかな 真実を見極めるって難しい どうにも見えました

posted by スウチャン at 19:12| 日記

2018年12月26日

徳山医師会病院に行きました

  ほとんど 病院の敷地といえるくらい 本館の横の道を通り 駐車場の横すぐそばです

寸法を計りに行った時は 迷子になるようでした まるで敷地に入るようで

ナビを目にし 頂いた資料を見て間違えない それでも不安でした 取りあえずパチリです

IMG_1886_256.jpg

 手前のフェンスの内側が 施主さんのお家です 三メートル反対側は 別館です

しかし何かの不調の時でも救急車 いりませんですね  ふと思いました町は良い 沢山の大きな病院があって 

無医村 かなりあるそうですから やはり世の中 それぞれ平等にってあり得ないのかな

畳屋の おじさんが考えても どうにもなりませんが それでも頭をよぎりました                       
                                                  施主様 静かで周りはとても良い環境ですね ありがとうございました 






posted by スウチャン at 20:45| 日記

2018年12月25日

千両の木 見つけました

  山際を 走っていると 赤い実 うろ覚えで上に実があるから千両 確かウーン 笑われそうかな

十両 百両 千両 万両 とあるそうですが みんな赤い実だと オジサンこの年まで

信じて疑いませんでした しかし となりの木に 黄色い実が 葉っぱも同じ 実の付き方も


IMG_1840_256.jpg

 すぐそばのお宅に 畳をお持ちしたのですが あの黄色い実なんでしょうと

ちょっと恥ずかしく 聞けませんでした

  ことわざで 聞くは一時の恥 聞かぬは一生の恥 分かってても出来ませんでした

 恥ずかしい かっこ悪い ほんの少しのプライドが邪魔 難しいです

posted by スウチャン at 20:04| 日記