2019年01月31日

久しぶりにまとまった雨でした

  アスファルトに出来た 仕事場の前の水たまり写しました


P1010604_256.jpg

  水たまりを見てて 思い出しました 昔 公営住宅の検査の日 一緒に同行したとき

検査員の方が 今日は雨が降らなくって良かったねと 現場監督さんに一言

アスファルト舗装の駐車場を見ながら 話されました 畳屋のオジサンには

 何の意味か分かりませんでしたが 後に気づきました たぶん路面の 凹凸

雨が降ると 新しい舗装なのに 無数の水たまりが出来ると予想できたのでしょう

 平らな 広場になっていなかったのを 指摘されたんだなと 

 意味深な言葉 第三者には 知らないで理解できない言葉ってあるのを

思い出しました 今日は寒かったですね

posted by スウチャン at 20:43| 日記

2019年01月30日

対岸の船 何をつんでたのかなー

  新南陽 対岸のコンビナートに着岸してる船 クレーンが多くねーと長男と注目

何を積んできたのか 推理しながら帰りました 写したものです


P1010581_256.jpg

 いくら先にい言った方が 分からない場合正解のルールでも

 石炭かな 材木かな ケミカルタンカーだと丸いよね なんでしょう

 色々な推理をしながら 車中退屈しませんが それぞれの言い分 それに対して否定の推論 

 今回も 正解はありませんでした
posted by スウチャン at 21:10| 日記

2019年01月29日

空が 青かった

  外で少しでも時間があると 空を見上げてるオジサン

高圧線鉄塔を見上げてると ポツンと芥子粒のように見える 飛行機を 写しました

IMG_1993_256.jpg

  飛行機 真ん中右側に 見えますか 

ウーン イメージの湧かない 芥子粒の比喩 見たことの無い 実です

実際は 目にしてなかったり 人の話信じて 頭の中にイメージを作り

分かったような 気がしてるだけのことが 世の中に多くあるのかな 

真実と異なる話で間違った判断をしたり 色眼鏡で人を見たりしてるのかな 

心の中では 分かってるのに 人ってどうなんだろう オジサン分かったようなこと

自己満足的に 書いてます 一番わかってない人が口にしてはいけないのかな?


  とにかく綺麗な青空 間違え無く 良い一日でした 

posted by スウチャン at 19:47| 日記

2019年01月28日

少し違いのある 蓋発見

  上関町の 室津地区で目につきました


DSC_0173_256.jpg

 仕切弁だそうです 鯛と思われる絵と上関大橋 

地域の特徴が 表現されてます 大島 大畠 上関 海に近いので魚と言えば鯛となるんでしょうね

めでたい 白身の魚で 癖が無い身ですから 誰からも愛されるんだと感心です
posted by スウチャン at 20:31| 日記

2019年01月27日

大人になる道程 半歩片足進んだかな

  数日前から 歯がぐらぐらするンよと 孫 今日手で押してたら抜けたと報告 写しました

DSC_0176_256.jpg

  下から 新しい歯が生えてきてると じいちゃん いーと口を 確かに歯茎に白い点が

大人の歯が 見えてるよと 孫が 報告してくれる ますます可愛い

 人生大変で 大波小波が 襲ってくる長い道のり 凪の日が少しでも多くありますようにと

 そっと体に触れながら 頭の中いっぱいいっぱいになりました
  

posted by スウチャン at 20:36| 日記

2019年01月26日

雪が降りました

  午後になり下松に 仕事に行く途中 この冬初めての雪 徐々に降り

P1010593_256.jpg

  もう少し進むと オジサン的には雪国

P1010596_256.jpg

  ところが 仕事帰りに積もったのを 写そうと長男と話して仕事を終え 帰り道

P1010603_256.jpg

  そんなことあったんだ見たいな 晴天に 白いもの見えない 

  作業時間 30分くらい 帰りですから 全部でも一時間

全く違う景色  温暖で 過ごしやすい所かなんて 雪で大変なところ 沢山あるのでしょうが

能天気な オジサンです
posted by スウチャン at 21:05| 日記

2019年01月25日

新港地下道 写してみました

  屋根のように コンクリートの波 支える柱には海藻 魚は サンバソウ 石鯛の子かな

IMG_1967_256.jpg

 地名に 四十年前かな 一度だけ同級生の 兼田君ちに遊びに行ったこと思い出しました

確かに 国道より沖に出ると港だったと思い出し 懐かしい 商船を所有されて お店も

今 君はどうしてるのかな 浦島太郎だから 詳しく思い出せませんけど

訪ねていく 勇気 出てきません 懐かしいし 一歩踏み出せない自分に寂しいかな

 地下道を見るたびに 心に積もっていくものが増えるのかな もう少しの人生なんですけど
posted by スウチャン at 19:50| 日記