2020年02月20日

残っていました

  二十数年前 仕事を頂き 敷き方を示した 畳工業組合の証紙
 
20200218_113124_200.jpg

 当時の事を 少し前に 起こった出来事のように 思い出されました

 しばし 動きを止めて 見入っていました 懐かしいというか 

 時間の経過に 例えになるのか 工場の前をピカピカの小学一年生が 通学し始め 可愛いねと見てても

 いつの間にか 姿を見なくなったと気がついたとき もう中学生になったと聞かされ

 時間のたつのが もの凄く早い オジサンいつまでも若くなく 年を取っています

 気持ちが 追いつきませんが 体は 少しスローモーション 年齢のせいでしょうか

 いやいや 年のせいにせず 気持ちだけは 老けないようにと 心の中 渦巻いています
posted by スウチャン at 20:41| 日記